2011年07月05日

マルモのおきて 最終回のあらすじ感想ネタバレ

マルモのおきて最終回 あらすじ感想ネタバレ

護(阿部サダヲ)は笹倉(葛山信吾)があゆみ(鶴田真由)とやり直したいと書いたが、宛先不明で戻ってきていた手紙を読んで以来薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)は母親であるあゆみの元へ返すべきではないかと悩んでいが、薫と友樹には悟られないよういつもと変わらないように日々を送っていた。

会社では商品開発室から人事異動の声がかかり、お客様相談室の同僚たち(小柳友・千葉雅子・外岡えりか)は栄転と喜ぶが護自身は異動すべきかどうか悩む。

そんななか護は薫と友樹と最初で最後の家族旅行を計画する。居酒屋・くじらの主人陽介(世良公則)と彩(比嘉愛未)には母親の元に返す決心を話すが、陽介は双子の気持ちも尊重するようにと
アドバイスを受ける。

伊豆への旅行を楽しんだ三人だったが、護は双子との別れる日が近づいている寂しさを押し殺していた。あゆみを呼び出し、笹倉があゆみに宛てた手紙を読んでしまったことを詫び、笹倉の気持ちを尊重し、双子はあゆみの元へ返すと言う。

あゆみと共に薫と友樹が待つ家へ戻った護は、あゆみは本当のママだったことを打ち明ける。
死んだと聞かされていた母親が生きていたという突然の話に、薫は動揺し友樹とともに家を飛び出してしまう。

騒ぎを聞き、二人を追いかけてきた彩に双子はママは生きていたのになぜ死んだと嘘をついていたのかと相談する。彩は大好きな2人に嘘をつくのは、大事な理由があったからではないかと護を信じるようにアドバイスする。

双子にはあゆみのことを話したものの、やはり双子と離れがたい護は、陽介に手紙を読んでしまったことを後悔していることを打ち明ける。

とうとう薫と友樹にあゆみの元で暮らすように話した護は、おきてノートに”離れて暮らしても家族”という言葉を書く。

今までどおり護と暮らしていきたい友樹はおきてノートを破り、部屋に閉じこもってしまう。
薫は、友樹と同様、護と暮らしたいと思いながらも護やあゆみの気持ちを必死で理解しようとしていた。

泣きつづける友樹に薫は、今までおきてノートに護が書いてくれた言葉を守っていれば間違いがなかったと護を信じあゆみの元で暮らすことを決意する。

商品開発室への異動を迷う護に、お客様相談室の同僚たちが背中を押すために強引に送別会を開く。
同僚への感謝の言葉を話しながら、相談室に来てから自分が変われたことや、お客さんの声を直接聞き、反映することがよりよい商品を作ることにつながると相談室に残ることに決める。

双子との別れの日、双子は笹倉と護の思い出の野球のボールを模し、いつも三人でキャッチボールをしたカラーボールにずっと家族と書き護に渡す。

あゆみと三人になった薫と友樹はと戸惑いながらもあゆみをママと呼び、生きていてくれてありがとう。と話し護が書いた本当の家族になるためのおきてを記したおきてノートを見せる。

あゆみは護のことばかりを楽しそうに話す双子の様子や、おきてノートに心を動かされる。
ムックとともに部屋に戻った護は、双子がいなくなった寂しさを実感していると、ムックがマルモではなく護と呼びありがとう、と言ったのを最後にしゃべらなくなってしまう。

その姿に笹倉を思った護は、本当に一人になってしまったと涙をこらえていたところへ彩がたずねてくる。彩と微妙な空気になったところで、薫と友樹が戻ってくる。

居酒屋くじらであゆみは、ふたりが素直に育っているのは護のおかげだと感謝し、自分は双子との暮らしを急ぎすぎていたと離れていてもゆっくりと母親の時間を取り戻したいと話し、護と薫と友樹はまた一緒に暮らせることになる。


最後は居酒屋くじらでみんなで食事を作り、陽介や彩、あゆみもみんな家族だね!
という展開でムックも再度マルモ、と呼びながら話すようになるというハッピーエンドでした。
今期のほかのドラマと違ってエンディングが読めませでしたが、おきてノートがキーだったりムックは笹倉?だったりそーきたか!
という感じでした。

次期に始まる、花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス2011〜の役柄でAKB48の前田敦子さんや中村蒼さん、三浦翔平さんが居酒屋くじらにお客さんとして出演していたり、予告では芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんが花ざかりの君たちへにゲスト出演するみたいです。

マルモのおきて自体もスペシャルの予定があるようなのでとても楽しみです!
これで今期のドラマがほぼ最終回を終えましたが、終わってみれば視聴率どおり JIN〜仁とマルモのおきてが面白かったです。

BOSSや名前をなくした女神は話が無理やりなところが目についたし、生まれる。は妊娠出産の勉強にはなったけど
楽しみ!ってドラマではなかったかな。高齢出産を取り上げたものだったらマドンナ・ベルデのほうがドラマとしては楽しめました。

幸せになろうよもピースの綾部さん見たさに見てたって感じで出演者を豪華にしても物語で引っ張れない月9の弱さが露見しちゃったな。

と感じました。鈴木先生も衝撃の映像化!という触れ込みで見出したけど衝撃ないし・・・
いくつか見てないドラマもあったのでツボるものもあったのかもしれないけど、今ひとつの今期でした。

次期は事前調査ではそれでも、生きてゆくくらいしか観ることを確定させているものがなくて。。。
でも各チャンネル、深夜のドラマが面白そうです。

もう何年も前になるけど、ドラマが面白くてそのために早く帰ったり、準備万端にしてそのの時間を楽しみにしたり次の日、観た!?とかいいながらドラマの話をしたり、そういうふうに一週間が楽しみになるようなドラマに出会いたいです。


以上マルモのおきて最終回あらすじ感想ネタバレでした。
長文読んでいただきありがとうございました。

2011年06月27日

マルモのおきて10話 ネタバレと感想

マルモのおきて10話 ネタバレと感想

自分たちの生まれたばかりの頃の写真にあゆみ(鶴田真由)が写っていることを知ってしまった薫(芦田愛菜)は護(阿部サダヲ)にあゆみは母親なのかと聞くが、護は写真に写っているのは母親だが、それはあゆみではないと取り繕う。

母親の写真を持っていなかった薫はその写真を宝箱に入れて大切にするが、あゆみが母親ではないかという疑問は残ったままだった。

写真をきっかけに、母親のことを知りたがるようになった薫と友樹(鈴木福)だったが護は双子に事実を話せずにいた。

次の日曜日、運動会があり、居酒屋くじらの主人・陽介(世良公則)には説明会に出席してもらったり、同僚たち(千葉雅子・小柳友・外岡えりか)には応援グッズを作ってもらったりしながら、運動会の準備をする護は上司の鮫島に呼び出され、商品開発部へ異動できることになったと伝えられる。

商品開発は護が以前からやりたかった仕事だったが、所属しているお客様相談室も離れがたい護は異動を迷う。居酒屋くじらには表に貼り出されていた、ムックの写真をみて自分たちの犬ではないかという老夫婦が尋ねてくる。

ムックの飼い主かもしれないことを護は薫と友樹に話すと、ムックは家族だからずっと一緒に暮らしたいと飼い主に返すことを泣いて嫌がる。護はムックには本当の家族がいるなら家族の元に返すべきだと双子に言い聞かせながらその言葉は自分にも当てはまるのではと思い悩んでいることを陽介や彩(比嘉愛未)に打ち明ける。

ムックを老夫婦に会わせるが老夫婦の犬ではなかった。双子はこれからもムックと一緒に暮らせると喜ぶ。運動会の日、陽介や彩とともに必死で応援していた護は、父兄の中にあゆみの姿を見かける。
護に気がつかれたあゆみは、その場を立ち去るが、護はあゆみを引きとめ一緒に応援しようと誘う。

ダンスを遊戯中、あゆみの姿に驚き、振り付けを忘れてしまった薫を見た護はとっさに前に出てお手本を踊る。
その様子を見ていたあゆみは護は本当の親のように双子のことを思ってくれているということを実感し薫に聞かれた「本当のママですか?」という問いにも「違う」と答える。
その様子を護は複雑な心境で見守る。

改めて写真をみていた護はその中から、笹倉(葛山信吾)があゆみに宛て、あて先不明で戻ってきていた手紙を見つける。

その手紙には一緒に暮らそうと、一度は家族を捨てたあゆみを許す言葉が書かれていた。
笹倉の気持ちを知った護は動揺する。その様子を見た彩に護は双子はあゆみの元に返すと苦渋の決断をしたことを話す。

ムックの家族を名乗る人が出てきたり、あゆみが再登場してりとマルモ一家が離れ離れになりそうな局面が続いています。

来週は最終回ですが、どうなるのでしょうか。
最終回の7月3日は直前の夜7時から愛菜ちゃん、福くんの司会で特番があるみたいです。
二人はバラエティーの司会までできちゃうなんて!こちらも楽しみです!

posted by なるみ at 21:13| Comment(0) | マルモのおきて ネタバレと感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

マルモのおきて 8話ネタバレと感想

マルモのおきて 8話ネタバレと感想

薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)の小学校では日曜参観が行われ、護(阿部サダヲ)も授業を見学する。授業の中で、家族はどんな仕事をしているのか調べてくるという宿題が出され、薫と友樹も”お仕事調査隊”と張り切り護はどんな仕事をしているのか聞くが、カナ(滝沢沙織)とのメールに夢中な護は双子の質問に適当に返事をし仕事のことは答えてくれなかった。

どうしても護はどんな仕事をしているのか知りたい薫と友樹は振り替え休日に護の後をつけ、あけぼの文具に忍び込む。社内で護を見つけた薫と友樹は護の仕事を観察していると、護に見つかる。

会社には双子と同居していることを内緒にしている護はあわてて二人を備品倉庫室に隠し、家に送るまでおとなしくしているように言うがトイレを我慢できなくなった友樹のためにダンボールに隠れ倉庫から出てしまう。

カナと出くわしてしまった双子は慌てて護の元に逃げ込む。カナや同僚たちに双子とのことを隠し切れなくなった護は、亡き友人・笹倉(葛山信吾)の子供を引き取り、一緒に暮らしていることを
打ち明け、の鮫島(伊武雅刀)や塩沢(千葉雅子)にも理解を得る。

双子との同居のことを黙っていたことをカナにも謝ると、戸惑いながらもとりあえず付き合いは継続しようと言われ、護は安心する。

次の日曜日に4人でピクニックに出かけ、双子と本当の親子のように接する護や、居酒屋くじらの主人・陽介(世良公則)や彩(比嘉愛美)にもなつている双子の様子を見たカナは、いつか双子のことが邪魔と思うことがあるかも知れないと恋愛としての付き合いを解消したいという。

カナを繋ぎ止めたい護は思わず双子は親戚の元に返す。と言いそうになるが思い留まり、カナとは別れることを決める。居酒屋くじらで陽介と彩にそのことを話す護は、ずっと片思いをしていたカナとの付き合いが終わってしまったことよりも、自分の恋愛感情で双子を親戚の元に返そうと考えてしまったことに対して落ち込む。

薫と友樹は学校で護の仕事の様子を作文にし、花丸をもらった。落ち込んで部屋に戻ってきた護に作文を読んで聞かせる。その作文には護への感謝の気持ちがたくさん書かれていた。


ずっとあこがれていたカナと付き合うことになった護でしたが、振られてしまいました。。。
なんかちょっと遠慮がちな感じだったし、終わるのかな〜と思っていたら終わってしまいました。
私としては彩ちゃんと上手くいってほしいなーと思っています。

彩ちゃんもやきもち?と思わせるしぐさもあるし、なにより遠慮がなくていい感じです。
でも真島(小柳友)が彩ちゃん狙ってるみたで、真島も応援したいような。
春から始まったドラマをいくつか観ていますが、マルモが一番好きです。
変に先が読めちゃったりもしないし、どっかでみたような・・・って他のドラマとかぶるネタもないしなにより悪人が出てこないからほのぼのしているのがいいです。

どんどん人気も出てきているみたいだし、一話完結っぽくなっているので今から観ても追いつけると思います。

次回はマルモのおきて 9話ネタバレと感想です。
posted by なるみ at 01:11| Comment(0) | マルモのおきて ネタバレと感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。