2011年04月25日

マルモのおきて ドラマあらすじ

マルモのおきて ドラマあらすじ

主人公の高木護(阿部サダヲ)は現在あけぼの文具という会社の
サラリーマン。学生時代は野球部でずっと補欠だった高木護(阿部サダヲ)は
野球部ではエースだった親友の笹倉純一郎(葛山信吾)に再会。

笹倉純一郎(葛山信吾)は妻とは離婚しており
2人の子供(双子)で薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)を育てていた。

高木護(阿部サダヲ)はしっかり育てていることに
歓心していたものの、突然笹倉純一郎(葛山信吾)が
死んでしまう。ショックを受ける護だがその後双子が
ばらばらに暮らさなければならないことに複雑な気持ちになる。

その双子の今後と護と突然現れたしゃべる犬の話。

マルモってのは護を子供たちに間違えてききとられて
まもる⇒マルモになっています。
posted by なるみ at 23:12| Comment(0) | マルモのおきて あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。