2011年06月08日

マルモのおきて7話ネタバレと感想

マルモのおきて7話ネタバレと感想

次の日曜日が双子の誕生日だと知った護は、プレゼントをしようと2人に欲しいものを聞くが、サンタクロースにお願いしたから内緒だと教えてもらえなかった。

会社で同僚の真島(小柳友)や塩沢(千葉雅子)に相談すると、尾崎(外岡えりか)が自分が小さい頃、サンタクロースに手紙を書いてかくしておいたといったことから、どこかに手紙がないかと探してみると、双子の宝箱の中から『カシャカシャとプチプチが欲しい』という手紙を見つけるが、護はなんの事なのかが全く分からなかった。

ある日、学校の帰り道で自転車にぶつかりそうになり、膝をすりむいてしまった友樹(鈴木福)はその様子を見ていた女性に手当てされる。

そこへ通りがかった彩(比嘉愛未)はその女性の薫(芦田愛菜)と友樹を見る目に違和感を感じる。
そのころ護は笹倉(葛山信吾)の兄・秋夫に呼び出され、笹倉が亡くなったことを知った双子の母・あゆみ(鶴田真由)が双子に会いたいとたずねて来るかもと知らされる。

秋夫の言うとおり、護の元をたずねてきたあゆみは、双子を引き取る気はないが、時々2人と顔を合わせる時間が欲しいといい笹倉の一人での子育ての苦労を知っている護は、そういう中途半端な気持ちで双子に会って欲しくないと頼みをつき返した。

誕生日の前日になっても『カシャカシャとプチプチ』がなんなのか分からない護は、本当の父親ではないから分からないのだと落ち込み、居酒屋くじらの店主・陽介(世良公則)に実の親子でも分からないことは多いものだと慰められる。

もっと双子のことを知ろうと、アルバムや幼稚園の連絡帳を見ていた護はその中に、『イチゴをもらったのでお母さんとカシャカシャとプチプチで遊んだ』という文章を見つける。

そのヒントからカシャカシャ=包装紙、プチプチ=梱包材 だということが判った護はプレゼントとして用意する。するとそれは双子の希望どおりのプレゼントだった。
誕生日を祝っている中、居酒屋くじらに再びあゆみが尋ねてきて、もう二度と二人に会いたいと言わない代わりにあゆみの手作りのお菓子を食べさせて欲しいと、手渡されたお菓子を双子に見せると、それは二人の思い出の絵本・『ぐりとぐら』に出てくるフライパンで作ったカステラだった。

母のことは覚えていなくても、欲しいものは母と遊んだカシャカシャとプチプチで、思い出の本やカステラを覚えていた双子の姿をみて護はあゆみに二人を合わせる。あゆみは約束どおり、母とは名乗らず双子と再会する。


今回は居酒屋くじらのお客さんとして、インパルスの堤下さんが出ていました。
セリフはなかったけど、飛び込んできたマルモに思いっきりぶつかられていてリアクションをとっていました。ところで、なんかきっかけがあってお客さんをやることになったのでしょうか??

はねとびとかの関連でしょうか? それと堤下さん、坊主ヘアだったのはなぜ??
なぜか気になりました。あと警察官役で、アンジャッシュの児嶋さんも再び登場していました。
こちらはセリフがあり、古畑任三郎に憧れて警察官になった!といいながらモノマネをしてたのがすごく似ていました。

お笑いの方とも、負けないくらいコミカルな演技がうまい阿部サダヲさん、すごくイイ!
所属しているバンド・グループ魂のアルバムにもコミカルなMC(コールアンドレスポンス)が入っていて、
だけど音楽もノリが良くてとてもいいです!
個人的には 荒ぶる日本の魂たち というアルバムの中のコールアンドレスポンスで泣くほど笑いました。お薦めCDです!


荒ぶる日本の魂たち
荒ぶる日本の魂たち

posted by なるみ at 22:48| Comment(0) | マルモのおきて ネタバレと感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。