2011年06月15日

マルモのおきて 8話ネタバレと感想

マルモのおきて 8話ネタバレと感想

薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)の小学校では日曜参観が行われ、護(阿部サダヲ)も授業を見学する。授業の中で、家族はどんな仕事をしているのか調べてくるという宿題が出され、薫と友樹も”お仕事調査隊”と張り切り護はどんな仕事をしているのか聞くが、カナ(滝沢沙織)とのメールに夢中な護は双子の質問に適当に返事をし仕事のことは答えてくれなかった。

どうしても護はどんな仕事をしているのか知りたい薫と友樹は振り替え休日に護の後をつけ、あけぼの文具に忍び込む。社内で護を見つけた薫と友樹は護の仕事を観察していると、護に見つかる。

会社には双子と同居していることを内緒にしている護はあわてて二人を備品倉庫室に隠し、家に送るまでおとなしくしているように言うがトイレを我慢できなくなった友樹のためにダンボールに隠れ倉庫から出てしまう。

カナと出くわしてしまった双子は慌てて護の元に逃げ込む。カナや同僚たちに双子とのことを隠し切れなくなった護は、亡き友人・笹倉(葛山信吾)の子供を引き取り、一緒に暮らしていることを
打ち明け、の鮫島(伊武雅刀)や塩沢(千葉雅子)にも理解を得る。

双子との同居のことを黙っていたことをカナにも謝ると、戸惑いながらもとりあえず付き合いは継続しようと言われ、護は安心する。

次の日曜日に4人でピクニックに出かけ、双子と本当の親子のように接する護や、居酒屋くじらの主人・陽介(世良公則)や彩(比嘉愛美)にもなつている双子の様子を見たカナは、いつか双子のことが邪魔と思うことがあるかも知れないと恋愛としての付き合いを解消したいという。

カナを繋ぎ止めたい護は思わず双子は親戚の元に返す。と言いそうになるが思い留まり、カナとは別れることを決める。居酒屋くじらで陽介と彩にそのことを話す護は、ずっと片思いをしていたカナとの付き合いが終わってしまったことよりも、自分の恋愛感情で双子を親戚の元に返そうと考えてしまったことに対して落ち込む。

薫と友樹は学校で護の仕事の様子を作文にし、花丸をもらった。落ち込んで部屋に戻ってきた護に作文を読んで聞かせる。その作文には護への感謝の気持ちがたくさん書かれていた。


ずっとあこがれていたカナと付き合うことになった護でしたが、振られてしまいました。。。
なんかちょっと遠慮がちな感じだったし、終わるのかな〜と思っていたら終わってしまいました。
私としては彩ちゃんと上手くいってほしいなーと思っています。

彩ちゃんもやきもち?と思わせるしぐさもあるし、なにより遠慮がなくていい感じです。
でも真島(小柳友)が彩ちゃん狙ってるみたで、真島も応援したいような。
春から始まったドラマをいくつか観ていますが、マルモが一番好きです。
変に先が読めちゃったりもしないし、どっかでみたような・・・って他のドラマとかぶるネタもないしなにより悪人が出てこないからほのぼのしているのがいいです。

どんどん人気も出てきているみたいだし、一話完結っぽくなっているので今から観ても追いつけると思います。

次回はマルモのおきて 9話ネタバレと感想です。
posted by なるみ at 01:11| Comment(0) | マルモのおきて ネタバレと感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。