2011年05月09日

マルモのおきて 第3話 ネタバレと感想

マルモのおきて 第3話 ネタバレと感想

薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)の小学校入学の準備を始めた護(阿部サダヲ)。
そんな中、護の勤める文具メーカーの商品のイチゴジャム風の文具糊へのクレームが発生し、上司の鮫島(伊武雅刀)や牧村(滝沢沙織)に頼まれ、さらに仕事に追われることに。

忙しさのあまり、入学準備もおろそかになり、文房具は会社の備品でそろえ薫のランドセルも取引先の半額セールのもので間に合わせる。ピンクのハートがついたランドセルや、かわいい文房具を欲しいと思っていた薫だったが、護に遠慮し、自分の希望は言えずにいた。

毎日夜中までかかって慣れない裁縫に奮闘していたため寝坊した護の部屋を同僚の真島(小柳友)が訪れ、双子と犬と同居していることを知ってしまう。彩(比嘉愛未)は父・陽介(世良公則)とともに物置をきれいにし自分が使っていた学習机を双子に譲る。

机やランドセルを羨ましそうに見ていた薫を知っていた彩は、護が忙しさに追われ入学式に行ってないことを知り、双子は入学式で護に聞えるように大きな声で返事をする練習を繰り返していたことを
打ち明ける。

護は仕事を抜けて入学式に駆けつける。

同僚の真島に友人・笹倉(葛山信吾)の子供を引き取り一緒に暮らしていることをうちあけ、人が良すぎる、といわれながらも入学式の出席を理解してもらったりと、部屋の大屋さんに引き続き
だんだん同居を知る人が増えてきました。

一生懸命ながらも不器用だったり、見落としがあったりするマルモなので周囲の助けを借りながらほのぼのした展開になるといいな。犬のムックがしゃべるという秘密も3人で共有できたし。
個人的には阿部さんの、木更津キャッツアイや舞妓HAAAN!の時のようなハイテンションな演技が大好きだし、愛菜ちゃんや福くんも笑いの部分の演技もとってもかわいいので今後はコメディーっぽい部分も期待したいです!

次回もマルモのおきて 第4話 ネタバレと感想がんばって書きます。
posted by なるみ at 22:56| Comment(0) | マルモのおきて ネタバレと感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

マルモのおきて 第2話 感想とネタバレ

マルモのおきて 第2話 感想とネタバレあり。

護(阿部サダヲ)が仕事に行っている間は外に出てはいけないと言われていた薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)だったが、護のアイスクリームを勝手に食べてしまい護に怒られるのではとアイスクリームを買いに出かける。

その帰り、家までの道がわからなくなり迷子になってしまい、警察官(アンジャッシュ児嶋一哉)に
保護される2人。連絡を受けた護は、またも苦しい言い訳をしながら会社を早退してきた。

勝手に家を出た2人を叱る護だったが、護のため「なにかあったときのために」と亡き父・笹倉(葛山信吾)に持たされた大切なお金でアイスクリームを買ったことをしる。

親戚の叔父が2人を迎えにきたが、2人が別々に暮らさなければいけない環境は変わっていず、別れが惜しい護は、「双子が一緒に成長していく姿を、笹倉の代わりに見ていたい」と引き取る決意をし、3人と1頭が一緒に暮らすためのおきてを書いた、おきてノートを作る。


今回はとうとう居酒屋くじらを営む護の大家の畑中と(世良公則)とその娘・彩(比嘉愛未)に
子供2人とミニチュアシュナウザー犬を預かっているいることがばれてしまいました。

今後本格的に一緒に暮らすことになりそうなので、畑中親子が力になってくれるのかな。
喋るミニチュアシュナウザー犬・ムックも大切なときにだけ話しかけてきて妙に説得力があったりして。。。

護・薫・友樹それぞれムックと話をしたことがあるのに、それはお互い打ち明けていないあたりが
なんかほのぼのとしていてイイ!

子役の二人のかわいさに毎週くらっています☆
お芝居も上手だし、鈴木福くんの笑顔にはブルーな日曜の夜にもとっても癒されます。

芦田愛菜ちゃんは5月5日(祝・木)AM11:00〜12:00にニッポン放送のこどもの日スペシャル・芦田愛菜のわたしのすきな歌という番組で、ラジオのDJとしては最年少でパーソナリティをつとめるそうです。


芦田愛菜ちゃんかわいいですね。

posted by なるみ at 15:41| Comment(0) | マルモのおきて ネタバレと感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

マルモのおきて 第1話 ネタバレと感想

マルモのおきて 第1話 ネタバレ感想
文具メーカーのお客様相談室で働く高木護(阿部サダヲ)は高校時代の同窓会で
野球部でバッテリーを組んだ友人・笹倉(葛山信吾)と再会するが、後日笹倉が
末期がんで他界したことを知る。

笹倉の最愛の子供で双子の・薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)は、別々の親戚の家に引き取られるため引き離されが、友樹が親戚の家からいなくなってしまう。

連絡を受けた護は薫と一緒に友樹を発見。別々の家には帰りたくないという双子に家に来るように言う。

ひょんなことから一緒に暮らすことになった独身男性の護と双子のきょうだいと
しゃべる犬!(かわいい!)この犬が今後どのように絡んでくるのかも楽しみです。

連ドラには久しぶりの出演となる、護の大家役で世良公則さんの演技も注目です。
感想としては日曜の夜らしく、休み明けもがんばろう!と思えるサザエさんのような、心温まる物語になるといいですね!

今期は子供ががんばるドラマが多いですね。
マルモのおきては双子が登場しますが、ハガネの女は小学生・名前をなくした女神は幼稚園児・グッドライフは病気と闘う子。。。

あとなぜか代理母出産と想定外の妊娠と設定は違えど、50代での高齢出産のドラママドンナヴェルデと生まれる。があります。

刑事ドラマや医療ドラマが重なった時期もあったけど、テーマが重なるのってそういうものなんでしょうかね。。。

次回第2話も感想とネタバレお楽しみに。
posted by なるみ at 00:08| Comment(0) | マルモのおきて ネタバレと感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。