2011年05月18日

マルモのおきて第4話ネタバレと感想

マルモのおきて第4話ネタバレと感想

クラスで係を決めることになった薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)。
薫は希望どおりの本係になれたが、友樹は最後に残った花係になる。花を咲かせるためには水をたくさんあげればいいと思っていた友樹は、護(阿部サダヲ)に水をあげすぎても花は咲かないと言われ
花が咲くおまじないだと言って友樹にテキトウな呪文を教える。

護の会社では、広報部の手違いで他社に謝罪に行かなければならなくなり、クレーム対応係の護は
あこがれている牧村(滝沢沙織)とともに栃木に出張に行く。クラスに貼り出された家族の絵を見て、母が書かれていないことや、家族ではない護のことを描くのは変だとクラスメイトに言われた
薫と友樹はクラスメイトと言い合いになる。

それを見ていた担任の杉下(六角慎司)はクラスメイトに二人は親がいなくて可哀想なんだから、仲良くするようにと注意する。下校中、一人でいた隼人(貴島康成)に親がいないから先生にひいきされているし、父ではない護は家族ではないと言われた薫は隼人を突き飛ばしケガをさせてしまう。

隼人に謝ろうとしない薫に彩(比嘉愛未)は護はいつも間違ったことをしたら謝るという仕事をしているのだと教える。薫と友樹を気にかけた担任の杉下は護を訪ねて来るが、陽介(世良公則)に双子を可哀想とは思わず、普通に接してはとアドバイスを受ける。

大雨が降ってきて、あさがおの芽が気になった友樹は雨の中、芽に傘を差しに行き雨に打たれて護に教えられたおまじないをしていて高熱を出してしまう。

護が仕事中だと思い遠慮しながらも仕方なく電話した薫だったが、牧村と二人きりの食事を楽しみたい護は一度は電話を切ってしまう。二度目の電話も無視しようとした護だったが、双子が気になり家に直行する。

風邪を引いてしまった理由が護の言った、花は水をやりすぎると咲かないという言葉をまもって傘を差しにいったことや護は血縁はなくても家族だという双子と改めて絆を深める。

今回は護の出番は少なく、周囲の人の温かさがよくわかる内容でした。
彩はケガをしたり体調を崩したら駆けつけてくれたり、陽介は担任の杉下に貴重なお願いをしてくれたり真島(小柳友)は護が出張と聞いて双子を思い出し心配したり、上司の鮫島(伊武雅刀)は護をひそかにかってくれてたり・・・

来週はさらに彩や牧村が護の母の登場でなにか力になってくれそうです。そういうあったかい感じがこのドラマの見所だとおもいますよ。

それにしても子役の二人と犬のムックの演技は上手いな〜。。。関心というより尊敬です☆

次回はマルモのおきて第5話ネタバレと感想です。

posted by なるみ at 00:08| Comment(0) | マルモのおきて ネタバレと感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

マルモのおきて 第3話 ネタバレと感想

マルモのおきて 第3話 ネタバレと感想

薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)の小学校入学の準備を始めた護(阿部サダヲ)。
そんな中、護の勤める文具メーカーの商品のイチゴジャム風の文具糊へのクレームが発生し、上司の鮫島(伊武雅刀)や牧村(滝沢沙織)に頼まれ、さらに仕事に追われることに。

忙しさのあまり、入学準備もおろそかになり、文房具は会社の備品でそろえ薫のランドセルも取引先の半額セールのもので間に合わせる。ピンクのハートがついたランドセルや、かわいい文房具を欲しいと思っていた薫だったが、護に遠慮し、自分の希望は言えずにいた。

毎日夜中までかかって慣れない裁縫に奮闘していたため寝坊した護の部屋を同僚の真島(小柳友)が訪れ、双子と犬と同居していることを知ってしまう。彩(比嘉愛未)は父・陽介(世良公則)とともに物置をきれいにし自分が使っていた学習机を双子に譲る。

机やランドセルを羨ましそうに見ていた薫を知っていた彩は、護が忙しさに追われ入学式に行ってないことを知り、双子は入学式で護に聞えるように大きな声で返事をする練習を繰り返していたことを
打ち明ける。

護は仕事を抜けて入学式に駆けつける。

同僚の真島に友人・笹倉(葛山信吾)の子供を引き取り一緒に暮らしていることをうちあけ、人が良すぎる、といわれながらも入学式の出席を理解してもらったりと、部屋の大屋さんに引き続き
だんだん同居を知る人が増えてきました。

一生懸命ながらも不器用だったり、見落としがあったりするマルモなので周囲の助けを借りながらほのぼのした展開になるといいな。犬のムックがしゃべるという秘密も3人で共有できたし。
個人的には阿部さんの、木更津キャッツアイや舞妓HAAAN!の時のようなハイテンションな演技が大好きだし、愛菜ちゃんや福くんも笑いの部分の演技もとってもかわいいので今後はコメディーっぽい部分も期待したいです!

次回もマルモのおきて 第4話 ネタバレと感想がんばって書きます。
posted by なるみ at 22:56| Comment(0) | マルモのおきて ネタバレと感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

マルモのおきて 第2話 感想とネタバレ

マルモのおきて 第2話 感想とネタバレあり。

護(阿部サダヲ)が仕事に行っている間は外に出てはいけないと言われていた薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)だったが、護のアイスクリームを勝手に食べてしまい護に怒られるのではとアイスクリームを買いに出かける。

その帰り、家までの道がわからなくなり迷子になってしまい、警察官(アンジャッシュ児嶋一哉)に
保護される2人。連絡を受けた護は、またも苦しい言い訳をしながら会社を早退してきた。

勝手に家を出た2人を叱る護だったが、護のため「なにかあったときのために」と亡き父・笹倉(葛山信吾)に持たされた大切なお金でアイスクリームを買ったことをしる。

親戚の叔父が2人を迎えにきたが、2人が別々に暮らさなければいけない環境は変わっていず、別れが惜しい護は、「双子が一緒に成長していく姿を、笹倉の代わりに見ていたい」と引き取る決意をし、3人と1頭が一緒に暮らすためのおきてを書いた、おきてノートを作る。


今回はとうとう居酒屋くじらを営む護の大家の畑中と(世良公則)とその娘・彩(比嘉愛未)に
子供2人とミニチュアシュナウザー犬を預かっているいることがばれてしまいました。

今後本格的に一緒に暮らすことになりそうなので、畑中親子が力になってくれるのかな。
喋るミニチュアシュナウザー犬・ムックも大切なときにだけ話しかけてきて妙に説得力があったりして。。。

護・薫・友樹それぞれムックと話をしたことがあるのに、それはお互い打ち明けていないあたりが
なんかほのぼのとしていてイイ!

子役の二人のかわいさに毎週くらっています☆
お芝居も上手だし、鈴木福くんの笑顔にはブルーな日曜の夜にもとっても癒されます。

芦田愛菜ちゃんは5月5日(祝・木)AM11:00〜12:00にニッポン放送のこどもの日スペシャル・芦田愛菜のわたしのすきな歌という番組で、ラジオのDJとしては最年少でパーソナリティをつとめるそうです。


芦田愛菜ちゃんかわいいですね。

posted by なるみ at 15:41| Comment(0) | マルモのおきて ネタバレと感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。